STBについて

STB
※実際の機種とは異なる場合がございます。

  1. デジタルハイビジョン放送の高画質をお楽しみいただくには、D3端子以上に対応したテレビとD端子ケーブルでの接続が必要です。
  2. デジタル放送の番組によっては、テレビ画面の上下左右に黒い帯が入る場合があります。
  3. 各チャンネル放送局よりメッセージが表示される場合があります。
  4. データ放送のデータ送信には、電話回線との接続が必要です。
    BSデジタル放送・地上デジタル放送のデータ放送でデータを送信する等、各放送局に信号を送信する場合には、STBと電話回線との接続が必要となります。この際、接続時間分の通話料がかかります。
    ※ISDN回線はご使用になれません。ただし、ISDNのターミナルアダプターにアナログポートがある場合は接続できる場合があります。
    ※NTTの固定電話回線のご利用が前提となっておりますので、IP電話や直収電話サービスを利用した場合はご利用いただけないことがあります。
  5. FMラジオは、STBではご視聴いただけません。
  6. 当社で設置するSTBは他のケーブルテレビ局では利用できません。

※STBのご利用にはCASカードが必要です。くわしくは「CASカードについて」をご覧ください。