ツール-Webメール

ツール

Webメールに関する各種設定を行うことができます。
各設定の詳細については、画面右上の【?】アイコンをご参照ください。

【一般設定】
画面表示などの基本設定や、Webメールを利用するための設定を行います。

<設定項目>
・言語・・・画面を表示する言語を設定します。
・国・・・使用する国(場所)を設定します。
・タイムゾーン・・・使用する場所のタイムゾーンを指定します。ここで指定したタイムゾーンは、送信メールのDate ヘッダに利用されます。
・カラー・・・画面の配色を選択します。「カスタム」を選択すると、画面のウィンドウカラーとボーダーカラーを自由に設定することができます。
・レイアウト・・・メール受信、アドレス帳の各画面のレイアウトを保存し、次回起動時に復元するかどうか設定します。レイアウトは画面ごとに保存されます。
・データのインポート・・・アドレス帳のインポート/エクスポートに利用するファイルの形式を選択します。
 /エクスポート形式この設定とインポートするファイルの形式が異なるとうまくインポートできない場合があります。
・キーボード操作・・・拡張キーボードショートカット機能を使用すると、キーボード操作のみで一部の操作を行えるようになります。
この設定を有効にしてから〈h〉キーを押すと、キーボードショートカットの一覧が表示されます。
【メール設定】
メール受信画面におけるメール一覧の表示設定と、メール作成時の基本設定を行います。

<設定項目:メール受信>
・メール一覧の日時形式・・・メール受信画面のメール一覧で表示する「日時」の形式を選択します。
・表示項目・・・メール一覧に表示する項目と表示順序を設定できます。
・メール操作メニュー・・・メール一覧にボタンとして表示する機能と、〈メール操作〉メニューに表示する機能を設定することができます。
・ボタン表示形式・・・メール一覧に表示されるボタンの表示形式を設定します。
・ドラッグアンドドロップ・・・ドラッグアンドドロップでメールを移動した時に、確認メッセージを表示するかどうか設定します
 によるメール移動
・詳細表示・・・メール本文を表示する時に、ヘッダの詳細情報を開いて表示するかどうか設定します。

<設定項目:メール作成>
・送信メールの保存・・・送信箱にメールを保存するかどうか設定します。
・引用記号・・・メールの返信や転送時に、元のメールの文章を引用するときに使用する記号を設定します。
・転送方法・・・メールを転送する時の転送方法を設定します。
・自動改行・・・メール作成の本文に入力されたテキストを、一定の文字数で改行挿入して送信するかどうかを設定します。
・署名欄・・・「メール作成」画面を開いたときの、署名欄のデフォルト(初期状態)を設定します。
・自動挿入文(作成)・・・「メール作成」画面を開いた時の本文欄に、自動的に挿入する文章を設定します。
・自動挿入文(返信)・・・「メール返信」画面を開いた時の本文欄に、自動的に挿入する文章を設定します。
・自動挿入文(転送)・・・「メール転送」画面を開いた時の本文欄に、自動的に挿入する文章を設定します
【スマートフォン設定】
スマートフォン版Webメールにアクセスする場合の URL を表示しています。
〈QR コード表示〉ボタンをクリックすると、スマートフォンアクセス用 URL の QR コードを表示します。
スマートフォンのカメラで読み取って簡単にアクセスすることができます。
〈メール作成画面から送信〉ボタンをクリックすると、スマートフォン版にアクセスするための URL を送信する「メール作成」画面を開きます。
スマートフォンのメールアドレス等に送信してご利用いただけます。
【フォルダ管理】
メールフォルダに関する設定・編集が行えます。
【プロフィール管理】
プロフィールでは送信時に利用する送信者名や署名など、ユーザー情報を設定します。
複数のプロフィールを保存できますので、送信相手や内容によって簡単に使い分けることができます。
【署名管理】
署名管理では、送信時に挿入する署名を設定できます。
複数の署名を保存できますので、送信相手や内容によって簡単に使い分けることができます。
【フィルタリング(振り分け)】
新しく届いたメールを各フォルダに振り分けるフィルタリング機能です。※自動振り分けではありません。
【定型文】
定型文は、慣用句など定型化した文章を作成中のメールに挿入する機能です。
【メールテンプレート】
メールテンプレートでは、繰り返し使える「メール作成」画面の雛形の管理をすることができます。
メールテンプレートの作成は、メール作成画面で行い、ツール画面ではメールテンプレートの削除のみできます。