FFFTP(Windows)の設定

ホームページのアップロード(Windows・FFFTP編)

FFFTPを例に、Windowsでページデータをアップロードする手順を説明します。
※以下に挙げる手順は、あくまで転送方法の一例です。操作内容の詳細に付きましては、MCNではサポート致しかねます。ソフトに添付のヘルプファイルなどを参照して下さい。

ホームページ開設について(必ずお読みください)

これまでは、『ホームページ』を作成する際には、事前に弊社までお申込みをいただいておりましたが、今後は事前のお申込みの必要はございません。

FFFTPをダウンロードする

曽田 純 氏によるFTPクライアントソフトの「FFFTP」(フリーウェア)は、簡単操作で使いやすく、FTPソフトを初めて使う人からパワーユーザまで幅広い層に対応しています。以下のサイトからダウンロードできます。
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/

FFFTPをインストールする

FFFTPアイコン
ダウンロードしたデータを解凍し、ハードディスク内にインストールします。FFFTPは、左のようなアイコンです。

FFFTPを起動する

FFFTPを起動させます。最初に出る「ホスト一覧」ウィンドウで、MCNのFTPサイトに接続する準備をします。

「ホスト一覧」ウィンドウの、「新規ホスト」ボタンをクリックします。(赤丸部分)

FFFTPのホスト一覧ウインドウ

MCNのFTPサイトを設定する

「ホストの設定」ウィンドウで、MCNのFTPサイトに接続する設定をします。

FFFTPのホストの設定ウインドウ

  1. 「ホストの設定名」に適当な設定名をつけます。
  2. 「ホスト名」を正確に入力します。(www.miyazaki-catv.ne.jp と入力)
  3. 「ユーザ名」にあなたのFTPアカウントを正確に入力します。(FTPアカウントは、メールアカウントと同じです)
  4. 「パスワード」にあなたのユーザパスワードを正確に入力します。(メール受信時のパスワードと同じです)
  5. 「ローカルの初期フォルダ」に、データのあるディレクトリを入力します。
    (右側のボタンで参照できます)

*入力は、すべて半角英数で!
設定を入力し終えたら、「OK」を押します。

MCNのFTPサイトに接続する

MCNのFTPサイトにログイン(接続)し、データを転送する準備をします。

  • 「接続」ボタンをクリックし、FTPサイトにログインします。(左下の赤丸部分)
  • ログインできない場合は、ホストの設定が正確に入力されていないことが考えられます。

FFFTPのホスト一覧ウインドウ

  • 正常にログインできると、下図のようなウィンドウになります。左のローカル側ウィンドウに、「ホストの設定」で入力していた「ローカルの初期フォルダ」の中身がリスト表示されています。
  • 右のホスト側ウィンドウが、あなたのホームページデータの転送先です。

FFFTPデータ転送ウインドウ

ホストにデータを転送する

ページデータを選択し、ホスト側にアップロード(転送)します。

  1. 左のローカル側ウィンドウのリストから転送したいデータを選択します。
  2. その後、アップロードボタンを押して、データを転送します。

FFFTPデータ転送ウインドウ

転送結果を確認する

ページデータが正常に転送されたことを確認します。

左のローカル側ウィンドウのリストと、右のホスト側ウィンドウのリストを比較し、目的のデータが正常に転送されていることを確認します。

アップロード後ウィンドウ

これでページデータのアップロードは完了しました。

転送済みのデータを削除したいときは・・・

アップロード済みのデータから、任意のデータを削除したいときの操作は・・・

※削除したデータ(ページ)は、Web上で閲覧できなくなります。

右のホスト側ウィンドウのリストから、削除したいデータを選択し、削除ボタンを押して、データを削除します。

転送済みのデータを削除する画面

転送済みのデータ容量を確認したいときは・・・

アップロード済みのデータ容量の総計を確認したいときの操作は・・・

右のホスト側ウィンドウ上でマウスを右クリックし、サブメニューから「ファイル容量計算」を選択します。いったん「ファイル容量を計算します」と表示されるので、「OK」を押します。その後計算が開始され、計算結果が表示されます。

転送済みのデータ容量確認画面

Web上でページ内容を確認する

アップロード済みのページデータを、ブラウザで確認します。
転送が完了したら、ブラウザを使って、Web上でのページの状態を、ご自分で確認してください。
これまでの操作を、説明通りに進めた場合、ホームページのURLは、
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~○○○○/××××
となります。
○○○○」の部分が、お客様のアカウント名、「××××」の部分が、ホームページのファイル名になります。アカウント名直前の ” ~ “(チルダ)をお忘れなく。

これまでの説明を例にとると、「mcnuser」というアカウント名の人が、ホストに「index.html」というファイル名のホームページデータをアップロードしているので、ホームページのURLは、
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~mcnuser/index.html
となります。