情報セキュリティ基本方針

宮崎ケーブルテレビ株式会社及びグループ会社(以下、「当社」という)は、情報漏えいリスクに対し、より効果的な対策を講じることにより、社会から信頼される企業として発展していくことを目的として「情報セキュリティ基本方針」を策定する。

情報セキュリティ基本方針は情報資産の安全対策に関する当社の基 本方針であり、セキュリティ維持のための必要な指示を含み、当法人の保有するすべての情報資産の適切な保護を実現するものである。この 「情報セキュリティ基本方針」を遵守し、常に安心・安全なサービスを提供し続け、地域の情報通信産業として、安心してお取引きいただける よう社内管理体制の維持に努める。

1.情報セキュリティ管理体制の構築

当社が業務を遂行していく上で入手し、活用している全ての情報資産の保護・管理に努め、情報セキュリティに関する法令、その他の規範を遵守していくことにより、社会から信頼される企業として発展できるよう、情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

2.情報セキュリティに関する内部規定の整備

当社情報管理規程に基づいて、個人情報だけではなく、情報資産全般の取り扱いを適切に行い、情報漏えい等に対しては厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。

3.情報セキュリティリテラシーの向上

全ての従業者が情報管理の重要性と責任を認識した上で業務を遂行できるようセキュリティ教育を実施し、情報セキュリティリテラシーの向上を 図ります。

また、秘密保持契約等を締結して入手した情報については契約内容を厳守し、適切な管理を行うよう従業者の指導管理を徹底します。

4.情報セキュリティ対策を意識したシステムの構築

情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、不正使用、不正開示等が発生しないようデータサーバーへのアクセス権の管理、メールサーバーの保護等、社内情報セキュリティシステムの管理を徹底します。