2013年2月28日(木)OA ~パンジー・ビオラ育種家 川越ROKAさん~

2013.02.28

今回は、この時期の代表花、パンジー・ビオラの育種をしている
川越ROKAさんを訪ねました。

Still0301_00000.jpg

ROKAさんは、20年ほど前から、
交配などをしてパンジー・ビオラのデザインを生み出している方なんです。


これまで生み出した花はこちら。

「極々小輪」…普通のビオラは3cm程ですが、その1/3以下の小さなビオラ
Still0301_00004.jpg


「八重咲き」…花弁が10枚以上も重なったもの
Still0301_00005.jpg


「バニー(ラビット)型」…細い花弁がウサギの耳のように見えるもの
Still0301_00006.jpg


これらの花型はいまや多数の育種家が扱っていますが、
その原型を作りだしたのがROKAさんなんです。
今や全国には10数名の個人育種家がいますが、
個人育種の第一人者ともいえる、すごい方なんです!


そんなパンジー・ビオラのスペシャリスト、
ROKAさんにお花のデザインの仕方(交配の方法)を教えてもらいました♪


今回はフリルのあるブラックのビオラ作りに挑戦!
その為には、フリルの強い花と黒い色の花をかけ合わせるのがポイント。


種子親にフリルが強い「ミルフルローズ」と、
花粉親に黒に近い色のビオラ(少しフリルもある)を選びました。
Still0301_00007.jpg


Still0301_00008.jpg


では早速受粉作業スタート!

①花粉を採取する
Still0301_00011.jpg


花粉はめしべの下あたりにたまってるので、
ピンセットや爪楊枝などですくい取ってください。
Still0301_00009.jpg


②めしべの柱頭に花粉を入れ込む
Still0301_00010.jpg


③何の花粉をつけたのかが分かる様に花粉親を書いておく
Still0301_00012.jpg


このように受粉に成功したら1週間程で子房が膨らんできます
Still0301_00013.jpg


④子房がふくらんできたら、いつの間にか種がはじけ出てしまわない様に、
水きりネットなどで覆う
Still0301_00014.jpg


⑤子房が上向きになったら、根元から取って、封筒に入れる
 そのまま乾燥させて、種がはじけ出るのを待ちましょう
Still0301_00015.jpg

今回の交配では、種子親と花粉親の中間くらいの大きさのものが出来そう。
上手くいけば下の写真の様に、
色はまだ真っ黒ではないけど、黒に近づきフリルも出てきそう・・・


でもどこまで理想に近づけるかは、花が咲いてみないと分かりません。
種まきは9月頃、そして開花は11月頃。
楽しみでたまりません♪

Still0301_00017.jpg



★お手入れのポイント★


①花がらは根元から摘みましょう  
Still0301_00018.jpg


②液肥は水やり感覚で。通常の倍に薄めましょう。
Still0301_00020.jpg


とても親切に交配の方法などを教えてくださったROKAさん。
実は、ROKAさんのブログでも、何と何をかけ合わせたら
こんな花ができますよ~という風に、
惜しげもなく交配の方法を教えてくれているんです。


そんなROKAさんに今後の夢をお聞きしました。
Still0301_00022.jpg


「宮崎からパンジー・ビオラの魅力を発信していきたい」


これがROKAさんの目指す所。
そんな想いで、生産者と一緒に「M’sビオラ」というプロジェクトを立ち上げました。
「M’sビオラ」とは、「みんな、みやざき、みりょくのビオラ」。
ROKAさんがデザインして出来た種を生産者に提供し、
どんどん色んなパンジー・ビオラを作っていく。


これからも、宮崎からパンジー・ビオラの魅力が発信されていくのが楽しみですね。