2013年3月21日(木)放送

2013.03.21

「コチョウランの植え替え」


①.jpg

3月くらいまでに満開を迎えてる胡蝶蘭であれば、2番花を咲かせる方法もおススメ。
花が終わったタイミングで茎をカットします。


②.jpg      

 

水遣りを続けていれば、半年後位に花を咲かせはず。
すでにお花が終わってたり、寒い時期にお花が終わった胡蝶蘭は、茎をカット。



③.jpg 

 

植え替えの手順


④.jpg


胡蝶蘭はポットで鉢に入っているので、ポットと同じか、一回り大きい鉢を準備。
鉢には、虫除けのネットを入れておきましょう。

 

⑤.jpg


ポットを外し、根についてるミズゴケとバークチップを取り除きます。

 

⑥.jpg


取り除いたら枯れていたり、折れ曲がっている根をカットしていきます。
この時季だからできる作業。
緑色のしっかりとした根以外は全て切ってしまいましょう。

 

⑦.jpg


出来上がりはこんな感じ。


⑧.jpg


続いては、ミズゴケをかませます。※ミズゴケはしっかりと水を含ませておくこと
まずは根の内側から。

そのあと、根の外側にもかぶせます。
この時、大きさは気にしなくて大丈夫。
大きいなと思っても水を含んだミズゴケなのでギュッと入っちゃいます。


⑨.jpg

 

後は、水遣りなどの管理をしっかり行えば1年後には花をつけるはずです。
(但し、4枚以下の場合は、2~3年かかることもあります)
 

 

⑩.jpg


液体肥料を2週間に1回、水遣りの後にあげるのも忘れずに。

また、胡蝶蘭はとっても寒さに弱い品種なので、
温かくなるまでは、室内のカーテン越しに置く。外が冷える時は、窓辺から暖かい屋内へ。
夏は、屋外の涼しい所に置きましょう。

お手入れには、手間がかかりますが、
だからこそ、花をつけた時の喜びは大きいはす。
皆さんも、是非、挑戦してみてください。

※二番花や植え替えた胡蝶蘭は、お店で販売しているような形にはなりません。


 
お店情報
⑪.jpg