映画館へ行こう! 2013年8月21日放送

2013.08.21

タイトル

「アルゴ」

プロローグ

1979年11月4日、
イランの過激派がアメリカ大使館を占拠。

混乱の中6人が脱出し、カナダ大使の家に逃げ込むのですが
残った52人の大使館員は人質となります。

イラン側は、癌の治療のために渡米した
前国王パーレビの引き渡しを要求。

大使館員の写真つき名簿は、襲撃前にシュレッダーに
かけていましたが、名簿が復元されれば脱出者がばれ
捕まれば処刑されます。

国務省はCIAに応援を要請し
人質奪還のプロ、トニー・メンデスが呼ばれます。

トニーは6人を“ニセ映画のロケハンに来た
カナダの映画クルーに仕立て上げ出国させる“という
作戦を立てます。

チームに参加した大物プロデューサーのレスターは
自宅で山積みになっているボツ脚本から
イランでの撮影に相応しいSFアドベンチャー
『アルゴ』を選び出します。

事務所を立ち上げ、大々的な記者発表を開き
本物さながらのプロジェクトが始まるのです・・・。