月曜音楽館 2013年9月2日放送

2013.09.02

アーティスト

「BES」

曲名

「It’s Your Love」

1983年9月18日   レゲエ歌手。大阪府堺市南区出身。
2007年ファーストアルバム 「MUSIC IS MY ROAD」をリリース。

そして翌年リリースされたシングル 「ずっと!!」 が、
オリコンインディーズチャート1位を記録。

キャリアを積み重ね、
ユニバーサルミュージック、ファー・イースタ ン・トライブ・レコーズより
「Come inna de DANCEHALL」 でメジャーデビュー。

大阪を拠点に活動しており、地元・堺で毎年ライブを行っている。 

幼少の頃から続け ているピアノや独学で覚えた
ギターを駆使して制作する歌心あるフロウは現場レベルでの評価も高く、
制作する楽曲にも音楽センスが溢れている。

その天性の美声と音楽 センスを武器に頂点を目指す。

セルフカバーアルバム「GROW」
NOW ON SALE

アコースティックサウンドが心地よいBESのセルフカバーアルバム。

初回盤に付属するDVDには、
BESのワンマンライブツアー「BES “ONE” MAN TOUR 2013」の
最終追加公演大阪BIG CATで行われたライブの模様に加え、
「YELL」「It’s Your Love」のミュージックビデオを収録。

ダンスホールチューンからバラードまでその歌声で現場を魅了しているBES。

歌はもちろん、ピアノやギターなど楽器も演奏するなど
彼の音楽性の幅広さはクラブミュージックだけに留まらない。

そんなBESの新たなスタイルを形にしたのが今作「GROW」。

アコースティックギターのストレートな弾き語りから
打ち込みサウンドの味付けを加えたものまで、
様々な仕掛けが施されたBESのアコースティックスタイルアルバムとなっている。

また豪華な制作陣も今作の聴きどころであり、
「宝物」のミックスは大沢伸一が、
「YELL」のアレンジ及びミックスを朝本浩文が、
そして新曲「いつまでも」のミックスは本場ジャマイカの重鎮
スティーブン・スタンレーがそれぞれ手掛け、
今までの作品とは一味違ったサウンドを作り出している。
単なるアコースティックアレンジを施したセルフカバーアルバムではなく、
ベストアルバムや初のワンマンライブツアーを通して
新たな経験を積んだBESが自身の音楽性をより追求した、
全く新しいアルバム「GROW」。