月曜音楽館 2013年10月21日放送

2013.10.21

アーティスト

「The Flickers」

曲名

「永遠」

あじま ゆうすけ(Vo,G,Syn)、ほりうち しょうたろう(B)、
もとよし“Nico”ひろき(Dr)の
3人からなるスリーピースロックバンド。

80年代の ニュー・ ウェーヴ、
エレクトロポップ、ガレー ジロックなどの要素を盛り込んだ
ダンサブルなサウンドと、
エモーショナルなパフォーマンスで
ライブハウスシーンを中心に注目を集め、
新人ながら ”COUNTDOWN JAPANなどの大規模フェスに出演し、
多くのオーディエンスを集めて入場規制になるなどライブを中心に話題となっている。

ロック・リヴァイバルからの影響とシンセを取り入れたサウンド、
中毒性のあるメロディーが彼らの魅力。

今回の曲は6/19に発売された1stアルバム
「A PEACE OF THE WORLDに収録されている。

2011年11月に1stミニアルバム「WONDERGROUND」をリリースしてから、
約1年半というキャリアを総括する1stフルアルバム 。

本作タイトルは、A PIECE OF THE WORLD(世界の片隅)という
意味からつけられ、PEACE(平和)な世界の裏側で愛を歌うとゆう意味で、

現在の等身大の自分たちをコンセプトに、
今までのThe Flickersのサウンドにあった陰と陽、光と影、
正義と悪といった相反する側面を、よりリアルに表現した作品に なっている。