映画館へ行こう! 2014年10月20日放送

2014.10.20

タイトル

「まほろ駅前狂騒曲」

プロローグ

責任感が強く、優しい性格から
客の依頼だけでなく、その人生も背負い込んでしまう、多田。

はたまた、マイペースで風来坊、脱力感満載だが
ケンカにはめっぽう強い、行天(ぎょうてん)。

2人は、高校時代の同級生にして、ともにバツイチの腐れ縁。

三十路男の“便利屋と助手コンビ”として
共同生活を送っていました。

ある日のこと
二人の住まいを兼ねた事務所に、小さなお客さんが
やってきます。

といっても、そこは多田便利軒。

厄介な事情とは、もちろんセット。

現れたのは
一度も会ったことのない行天の娘・はるだったのです。

行天の元妻からの依頼で、多田が
子ども嫌いの行天に内緒で引き受けたのです。

悪戦苦闘しながらも、慣れない子供の世話に奮闘し
はるとの絆を深めていく2人。

しかし、そのころ巷では「家庭と健康食品協会」という
怪しげな団体が、まほろの住人たちをねらっていたのです。

さらに、まさかの
行天がバスジャックに遭遇。

知られざる彼の過去も明かされ
便利軒最大の危機に、巻き込まれるのです。

クセ者揃いのまほろの町で
NOといえない二人の男が見せる、愛の涙の物語とは・・・。