映画館へ行こう! 2014年12月22日放送

2014.12.22

タイトル

「空と海のあいだ」

プロローグ

母とふたり暮らしの漣子(なみこ)は
介護福祉科に通う専門学校生。

毎日、楽しく学生生活を送っていますが
本当にやりたいことを、見つけられずにいました。

そんな漣子には
軽度の知的障がいを持つ、千穂子という幼なじみがいました。

漣子にとっては、妹のような存在です。

ある日、二人は
東京からやってきた専門学校生、真司と出会います。

カメラマンとしての夢に、行き詰まりを感じていた真司は
千穂子に向けられる漣子(なみこ)の笑顔に惹かれ
ふたりの写真を撮りはじめます。

初めは、戸惑う漣子(なみこ)ですが
真司の写真に対する真剣な思いを、眩しくも感じるのでした。

そんな中、介護実習が始まり、漣子(なみこ)は
元ストリッパーの老婆、ナンシー桜の担当になりますが
何をしてもうまくいかず、仕事の厳しさを知ります。

彼女は、戦後の食料難を生き抜き
5人の子供を育て上げてきた女性。

「生きるということ」を
漣子(なみこ)は考えさせられるのです。

また、母・陽子からも突然“妊娠と再婚”という
衝撃の事実を告げられます。

感情を押さえることが出来ず
千穂子に、初めて怒りをぶつけてしまい
はっとする漣子(なみこ)。

しかし、そんな漣子(なみこ)に
千穂子は大事なことを気付かせてくれるのです。