映画館へ行こう! 2015年1月26日放送

2015.01.26

タイトル

「映画 『深夜食堂』」

プロローグ

ネオンきらめく繁華街の路地裏にある、小さな食堂。

深夜0時に「めしや」と書かれた暖簾と共に開店し
人はそこを「深夜食堂」とよんでいます。

メニューは、酒と豚汁定食だけですが
マスターが、頼めば大抵のものは作ってくれるのです。

深夜0時から営業ということもあり
ちょっとワケありな客たちが現れます。

ある日、店に骨壺が置き忘れられていました。

常連客たちが、それをネタに
ああだこうだと、話に花を咲かせていたところ
久しぶりに、たまこという女性がやってきます。

最近、愛人を亡くした彼女は
ナポリタンを分け合って食べたことがきっかけで
隣にいた若い年下の男性と意気投合。

また、無銭飲食をしたことを機に
住み込みで働くことになった、みちる。

いつのまにか“めしや”に馴染みますが
こちらもまた、何か事情を抱えている様子・・・。

他にも、福島の被災地から来た謙三は
夜な夜な“めしや”に現れ
常連の「あけみに会いたい。」と騒ぎます。

謙三は震災で妻を亡くし
ボランティアとして優しくしてくれた
あけみに好意を抱いていたのです。

そんな “深夜食堂”。

マスターの、どこか懐かしい味は
お客さんの、おなかも心も満たしていくのです・・・。