おいしい話 2015年3月3放送

2015.03.03

~珈琲のエキスパート 濱﨑さんのおいしい話~

201503031.jpg

テーマ

201503032.jpg

201503033.jpg

201503034.jpg

201503035.jpg

201503036.jpg

特徴は甘い香りと強い酸味です。

ですから、その特徴である酸味が出る様な焙煎をすることが多く、
一般には酸味のあるコーヒーとして
広く認識されているかと思います。

HAMASAKIでは、酸味がきつくなりすぎないような焙煎をして
味を仕上げています。

お店でも固定のファンがついている人気のコーヒーです。

201503037.jpg

 おいしすぎる話

201503038.jpg

現在日本でレギュラーコーヒーとして売られているコーヒーは
アラビカ種と呼ばれる品種のコーヒーで、
このアラビカ種のコーヒーの生豆には元々酸味の成分が含まれています。

では、すべてのレギュラーコーヒーに酸味があるかというと
そうとも言い切れません。

酸味が強いコーヒーもあれば、
まったく酸味を感じないコーヒーもあります。

この酸味のバランスを調整するのが焙煎、つまり豆を焼く作業です。

酸味の成分は焙煎を進めるにつれ消えていくんです。

ですから、焙煎と酸味には深い関係があります。

具体的にいうと
焙煎が浅いうちは酸味が残り、
焙煎を深くすると酸味は消えてしまうのです。

だから、キリマンジャロは酸味に特徴があると言いましたが、
実は深煎りにしてしまうと酸味は消えてしまうのです。

201503039.jpg

2015030310.jpg

酸味のある無しは、銘柄ではなく、
焙煎の深さで判断をして頂きたいと思います。

お店や焙煎家によって、同じ銘柄でも味わいが違ってきますので、
お気に入りの味を見つけていただきたいと思います。

【濱﨑さんのお店情報】

2015030311.jpg