映画館へ行こう! 2015年10月5日放送

2015.10.05

タイトル

「パパが遺した物語」

プロローグ

小説家のジェイクは妻と7歳の娘ケイティとの3人で、
幸せな毎日を送っていました。

しかし、自らが起こした交通事故で同乗していた妻を亡くし
自身も入院を余儀なくされます。

退院後、父親がどこかへ行ってしまうのではと不安がる
ケイティに「ずっと一緒」だと答えるジェイク。

しかし事故の後遺症による発作に加え、
それを隠し仕上げた新作小説は酷評され、
病状も生活も苦しくなっていくばかり。

ギリギリまで追い詰められていく中、
彼は自分と娘についての物語の執筆し始めます。

時は立ち、20年後。悲しい過去の経験から
他人を愛せなくなってしまっていたケイティは、
父の小説を敬愛する作家志望のキャメロンと恋に落ちます。

キャメロンとの出会いをきっかけに、
ケイティは自身の過去と向き合い、
新しい人生に踏み出そうとします。

次第に明かされていく、あまりに純粋な父と娘の愛の物語。

そしてケイティに遺された、父の最後の小説とは――。