Flower*Life

2014.03.13

お知らせ

 2013年4月4日(木)以降の
「Flower*Life」で紹介した情報は下記をチェック!

MCNの公式YouTubeの動画はこちら

2013.06.13

2013年6月13日(木)OA~あじさいフィーチャー!~

 今回のFlower*Lifeは、雨の似合う花「アジサイ」を紹介♪
フローランテ宮崎では、6月17日(月)までいろ~んな品種のアジサイを一堂に集めた
展示会が開かれていました。

お話は、広報担当の佐藤悠里さんに伺いました。
 

Still0621_00003.jpg


さぁ~ここからはオススメの品種をどど~んと紹介していきますよ~!
 

Still0621_00004.jpg

 

Still0621_00005.jpg

 

Still0621_00006.jpg

 

Still0621_00007.jpg

 

Still0621_00008.jpg


アジサイの品種名は、そのお花の雰囲気に合わせてつけられているのですが、
中には、こんな名前も。
 

Still0621_00009.jpg


ほんとに花火が花開いたようですよね♪

さてさて、ここからはアジサイをもっともっとクローズアップしてきます。
まず、アジサイは2タイプの咲き方に分けられます。
 

Still0621_00010.jpg


一見、花の様に見えるものは、本当の花ではなく・・
 

Still0621_00011.jpg


花の様に見えるところはガク。
本当の花は、中央にあるポツポツしたところ。
テマリ咲きの場合は、奥に隠れています。

また、ガク(装飾花)の真ん中には、中性花(ちゅうせいか)というのがあります。
 

Still0621_00012.jpg


これも咲くんですよ~!
 

Still0621_00013.jpg

 

Still0621_00014.jpg


今度、アジサイを見かけたら、じ~っくり見てみてくださいね!

最後に、アジサイの色について。
 

Still0621_00015.jpg

 

Still0621_00016.jpg


例外ももちろんありますが、
土壌がアルカリ性か酸性かによって、花の色に影響するといわれています。

フローランテ宮崎では、6月はアジサイの講習会も行っています。
ぜひ気になる方チェックしてください。
 

Still0621_00017.jpg

 

Still0621_00002.jpg

2013.06.10

2013年6月6日(木)OA 

「フラワーアクセサリー」をご紹介

 

今回ご紹介いただいたのは江平にあるフローラの川田多希子先生。

 

1.jpg

 

フラワーアクセサリーをご紹介いただきました。

 

2.jpg

 

実は、これ、2つのお花を組み合わせて出来ているんです。

 

3.jpg

 

好みのお花で大きさも調整できます。但し、お花によっては向き、不向きがあるのでご注意を。

 

4.jpg 5.jpg

 


今回私が使用したのは、こちらのバラ

 

6.jpg

 

2輪使いました。

 

まずは、土台になる方ではない方のバラの花びらをばらしていきます。根元から取ってくださいね。

 

7.jpg  8.jpg

 

花びらは大きさの順に並べてください。使う時は、小さいなものから使っていきます。

 

9.jpg

 

花びらの根元はカーブしているので、その部分をV字にカットします。

 

10.jpg  11.jpg

 

これで平らになるので作業しやすくなります。花びらの根元に接着剤をつけます。

 

12.jpg

 

生花用のボンドかセメダインでも大丈夫。(生花用のボンドはフローラで購入可 6mg126円)

 

13.jpg

14.jpg

 

全部貼るとこんな感じに。ボリュームアップしました。

 

最後に裏側をきれいにしましょう。見えない部分も美しく。この時の花びらは別に用意してくださいね。

 

15.jpg → 16.jpg

 

アクセサリーにするには、茎を根元でカット。

 

17.jpg

 


Uピンを通して髪に飾ったり、Uピンを折り曲げてリボンを通してブレスレットにしたりとお好みでアレンジ。

 

18.jpg 19.jpg 

 

20.jpg

 

その他にもアジサイを使ったアクセサリーも。

 

21.jpg

 

細いワイヤーに引っ掛けるだけのお手軽タイプ。
このタイプだと、アジサイの様な繊細な花びらの花でも大丈夫。使える花のバリエーションも増えます。
ブレスレットやネックレスにしたり、お団子にした髪に飾ったり、ティアラの様に使ったり
多彩なアレンジが楽しめます。

 

22.jpg

 

≪店  名≫flora(フローラ)
≪住  所≫宮崎市江平西1-5-43
≪電話番号≫0985-26-6164
≪営業時間≫10:00-19:00
≪定 休 日≫火曜日
≪駐 車 場≫あり

2013.05.30

2013年5月30日(木)OA ~はなしょうぶ@日向景修園~

今回は、宮崎市の花「はなしょうぶ」をご紹介。
日本情緒あふれるこの時期ならではの花ですよね。
ということで、稲元、浴衣で登場。
 

Still0530_00001.jpg

 

Still0530_00003.jpg

 

こんな素敵な和室に、はなしょうぶ園。
どこだかわかりますか??

場所は、宮崎県総合運動公園にある
「日向景修園(ひゅうがけいしゅうえん)」。
知る人ぞ知るはなしょうぶの鑑賞スポットなんです。
日向景修園は、ひむかスタジアムの東隣あります。
 

Still0530_00000.jpg

 

こちらには、およそ13000平方メートルの
本格的な日本庭園が広がっているんです。
この庭園、高千穂の真名井の滝など、
宮崎県内の景勝地を模して作られています。

 

Still0530_00005.jpgStill0530_00006.jpg

 

周辺には、日本庭園にぴったりの木々が植えられ、
ゆったりとした優雅な雰囲気が漂います。

また、庭園は、池を中心に配置し、周辺に小島、橋などを設ける、
池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)という手法で作られているので、
ゆっくり園内を巡りながら鑑賞できます。
 

Still0530_00007.jpg


さて、そのお目当てのはなしょうぶは、
日向景修園入口から入って、一番奥、東エリアにあります。
 

Still0530_00008.jpg


こちらには、約8000株のはなしょうぶが植栽されています。
茶室にあわせた優雅なハナショウブ。
王道の紫色のほかに、なんとも上品な白、
そして淡いピンク色、
網目模様がかかった繊細なハナショウブなどが見られます。
和の雰囲気にぴったりですね。
 

Still0530_00013.jpg

 

Still0530_00010.jpg

 

(ご案内してくださった 宮崎県総合運動公園の三浦慎一郎さん)

 

Still0530_00011.jpg

 


せせらぎの音に耳を澄ましているのもいいですね。

 

Still0530_00014.jpg

 


さぁ、ここではなしょうぶうんちくコーナー!
 

 

Still0530_00018.jpg


この時期に咲く、似たような紫色の花、ハナショウブ、アヤメ、カキツバタ。
見分けつきますか~??

難しいのも当然。実は、全てアヤメ科アヤメ属の仲間なんです。
見分けるには花びらの根元に注目です!

ハナショウブは、根元に黄色の筋が入っています。
アヤメは網目模様になっています。
そして、カキツバタは白の筋が入っているんです。

 

Still0530_00019.jpg

 

宮崎県総合運動公園 日向景修園(ひゅうがけいしゅうえん)
≪住  所≫宮崎県大字熊野1443-12 宮崎県都市公園総合事務所
≪電話番号≫0985-58-6543

2013.05.23

2013年5月23日(木)

今回のFlower*Lifeガーデナーをご紹介♪



このバラのお庭をてがける河野さんご夫妻にお話をうかがいました。

Still0524_00001.jpg

 

華やかな空間が広がるお庭ではバラの甘い香りも楽しめます。

Still0524_00002.jpg
Still0524_00003.jpg

Still0524_00004.jpg


丹精込めて育てたバラが一望できるとっておきの場所から眺める風景

Still0524_00009.jpg

Still0524_00008.jpg Still0524_00010.jpg



庭一面に広がる色とりどりのバラと太陽の光、そして風の香りを感じることのできるお庭
「吉裕さんのお気に入りのバラ」
Still0524_00005.jpg

 

「規子さんのお気に入りのバラ」
Still0524_00006.jpg

 

玄関にはふたつのバラが並んでいます
Still0524_00007.jpg



≪オープンガーデン情報≫

 

Still0524_00012.jpg

2013.05.16

2013年5月16日 木曜日

今回のテーマ

(1).jpg


中村ナーサリーの佐橋環さんに教えていただきました。

 

まずは、植物の紹介
(2).jpg (3).jpg 

 

こちらもインパチェンスの仲間
(4).jpg (5).jpg

 

(6).jpg  (7).jpg

 

 

ゼラニウムも花色や葉っぱの模様・形など色々な種類があります。
 

(8).jpg

 

葉っぱが斑入りのもの

(9).jpg

 

小さなコロンとした花と葉っぱが特徴

 (10).jpg

 

葉っぱが紅葉葉のようなゼラニウムも。

(11).jpg

 

その他、葉っぱを楽しむギボウシ。

 (12).jpg

 

日陰にも向く観葉植物。

◆これらを組み合わせてアレンジするとこんな感じに。

(13).jpg

 

◆ゼラニウムを組み合わせたハンギング

(14).jpg

 

◆インパチェンスを組み合わせたハンギング

(15).jpg

 

 ◆観葉植物を組み合わせたハンギング

(16).jpg

 

◆ベゴニアのハンギング こんもりとした形になります。

(17).jpg

 

 

◆インパチェンスとアイビーの寄せ植え
(19).jpg (20).jpg

 

◆スペースに余裕がある方には、大き目の寄せ植えもおススメ
(20).jpg (23).jpg

 

 コンパクトなサイズに仕上げるのもおススメ。場所もとりません。

 

半日陰や日陰に向く植物は、ゆっくりと育ちます。

スペースに余裕がない方におススメ。

土が乾きにくいので、水遣りの回数が少なくて済むという利点も。

植物の組み合わせ次第で色々なバリエーションが楽しめます。

是非、挑戦してみてください。

 

お店情報

(24).jpg

2013.05.09

2013年5月9日 木曜日

今回のFlower*Lifeガーデナーさんをご紹介!

 

宮崎市 佐土原町の宮城さんご夫妻

Still0517_00005.jpg

 

 

正面のお庭 花で構成された華やかな空間が広がります。

Still0517_00008.jpg Still0517_00001.jpg
 
 
Still0517_00002.jpg
 
 

グリーンで構成された裏庭

Still0517_00000.jpg Still0517_00006.jpg

Still0517_00003.jpg Still0517_00010.jpg
 
 

見学に来られた方の憩いの場「一休亭(いっぷくてい)」

Still0517_00007.jpg
 
 
 

お店情報

(24).jpg

2013.05.02

2013年5月2日(木)OA

母の日に贈るアレンジ

 

今回ご紹介いただいたのは江平にあるフローラの川田先生。

1.jpg

 

 

先生のお店も母の日ギフトでいっぱいでした。

3.jpg

 

 

アレンジに添えるバルーンもありましたよ。

5.jpg

 

 

先生おススメのアレンジは、「カーネーションプードル」

6.jpg  

 

7.jpg

 

不思議と作った人に似た表情になるそうですよ。

 

早速お花選び。定番の赤以外にも色々な色のカーネーションがありました。

8.jpg

 

9.jpg 10.jpg

 

お花以外の材料はこちら

11.jpg

 

こちらは業者用のキット(舌はフェルト) 代用するなら・・・

12.jpg


その他、容器には水に浸したオアシスを入れておく。

 

 

作り方

①鼻をつくる

135.jpg

14.jpg15.jpg

 

鼻の花は大きめサイズがおすすめ!花の長さにワイヤーをカットして刺す。
 

②茎の長さを調節しながらオアシスに挿す

16.jpg


プードルが自分の方に向かって顔をのぞかせているイメージ。

 

 

③次は頭の部分。

17.jpg

 

 

④両サイドの花を挿す

18.jpg

19.jpg20.jpg

 

 

⑤目を挿す

21.jpg

22.jpg

 

 

⑥舌をつける

23.jpg

 

ボンドで直接花びらにつける。 下の方につけるのがポイント。

⑦オアシスが見えないように花やグリーンで埋めたら完成

24.jpg25.jpg

 

 

お店情報

≪店  名≫flora(フローラ)
≪住  所≫宮崎市江平西1-5-43
≪電話番号≫0985-26-6164
≪営業時間≫10:00-19:00
≪定 休 日≫火曜日
≪駐 車 場≫あり

2013.04.25

2013年4月25日(木)OA~桐の花~

今回のFlower*Lifeは、稲元の気にな~る花を紹介。
藤が咲くころに、少し遅れて咲き始める「紫の花」。
遠目だと藤に見えますが・・・


それを見つけたのは、佐土原町の久峰総合公園。
ローラー滑り台の裏に点在していて、ものすごく気になる存在でした。


hana2.jpg


hana3.jpg



ということで、新コーナー「ひろこのこの花なぁ~に?」を立ち上げ、
リサーチへ向かいました。


hana1.jpg



久峰総合公園 所長 荒木さんによると、
なんと、その紫色の花は「桐の花」なんだそうです。


桐だんすなど高級家具に使用される、あの桐です!
木材としては見たことがあっても、
その花を認識できる人はあまり多くないのではないでしょうか??


hana4.jpg


6,7メートルはある背丈の高い桐の木です。

hana5.jpg



そして、お花を見て納得。
藤の花とは全く違います。
藤は、下向きに連なって咲きますが、
桐は、枝の先に上へ向かって咲いています。


hana6.jpg



hana7.jpg



お花は薄紫に白や黄色も混じり、
そして、斑点模様もちりばめられ、
なんとも上品な花です。大きさは6,7センチほど。
意外に大きいです。


hana10.jpg


hana9.jpg



香りは、バニラ、ココナッツの様な甘い香りです。
花はボトボトと地面に落ちていますので、
嗅いでみてください。


久峰総合公園の桐の花は4月末まで楽しめるということです。


hana11.jpg


また、西都原古墳群の考古博物館の裏にも、
1本の大きな桐の木がありますよ。


hana12.jpg


ぜひ一目ご覧ください♪

2013.04.18

2013年4月18日(木)放送

紹介したもの
画像0.jpg
 

野菜とハーブの寄せ植え
①.jpg

中村ナーサリーの樋口さんに教えていただきました。

 

今の時季は、野菜やハーブの苗がたくさんあります。
②.jpg

 

今回は、お花も一緒に楽しもうとコンパニオンプランツも一緒に植えます。
③.jpg
 

④.jpg

 

選んだのは6種類7ポット。
⑤.jpg

 

※キュウリやゴーヤなどツルが伸びるものは寄せ植えには向きません。

 

プランターはこちら。

⑥.jpg

 

中には、水はけのためにネットと底石をいれます。

⑦.jpg

 

⑧.jpg

底石はネットが隠れる程度でOK。

 

続いて土。
⑨.jpg

 

野菜は肥料が大好き。
⑩.jpg

 

⑪.jpg

 

⑫.jpg

 

続いて配置。

野菜は大きくなるので、間隔をあけて配置します。

但し、プランターの端ギリギリもNG。
⑬.jpg

 

⑭.jpg

 

背が高いものは後ろに配置が基本に、

上に伸びる、下に垂れるなどの植物の特性と

成長した時の姿をイメージして配置を決めましょう。

配置が決まったらポットから出して植えていきます。
⑭-2.jpg
 

⑮.jpg

完成

日当たりが良い場所に置き、土が乾いたらたっぷりお水をあげましょう。

追肥も忘れてはいけません。

 


⑯.jpg
 

成長してきたら、脇芽を摘みましょう。
⑰.jpg
 

脇芽を摘むと実の付き方がよくなります。
⑱.jpg
 

一カ月もしないうちに実がつきますよ。
⑲.jpg
 

実を多くつける方法として植物用のホルモン剤を使用するという方法も。
⑳.jpg
 

お花とハーブとお野菜、楽しんでみては♪

 

お店情報
21.jpg

1 / 4123...最後 »