インストール

MCN会員様限定 ウイルスブロックサービス

インストールマニュアル(PDF)

ウイルスブロックサービスをインストールするための手順はこちらのPDFマニュアルをご参照ください。

注意 インストールの前にご確認ください!
「ウイルスブロックサービス」をインストールされる前に、必ず以下の点をご確認ください。

【1】「ウイルスブロックサービス」ご利用時は、必ずお使いのパソコンにウイルス対策ソフトが入って無いことをご確認
  ください。
  ウイルス対策ソフトを複数インストールしてしまうとお使いのパソコンがフリーズしたり、動きが不安定になる等の
  動作不具合を起こします。
一般的なウイルス対策ソフトの確認とアンインストール方法については、お使いの
  パソコンが該当する「インストールマニュアル」をご確認ください。

【2】インストールするパソコンのコンピューター名が半角記号・半角英数文字(1バイト文字)になっているかご確認ください。
  コンピューター名が漢字・ひらがな・カタカナ等の全角文字(2バイト文字)の場合、ウイルスブロックサービスが正常に
  インストールされません。
コンピュータ名が全角文字の場合は、インストール前に半角文字へ変更されますようお願い
  いたします。
注意 インストール後のご注意
「ウイルスブロックサービス」をインストールされた後は、以下の点にご注意ください。

【1】Windowsのパーソナルファイヤーウォールを「有効」にしてください。
  本サービスはウイルス対策機能のみのご提供になりますので、お使いのパソコンに
  標準搭載されているWindowsファイヤーウォールを「有効」にすることを推奨いたします。
  Windowsファイヤーウォールを「有効」にする方法はこちら

【2】「オンデマンドスキャン」を実行してください。
  「ウイルスブロックサービス」には、お使いのパソコンを手動でウイルス検索する機能があります。
  「ウイルスブロックサービス」をインストールされた後は、一度、オンデマンドスキャンを実行されることを推奨いたします。
  「オンデマンドスキャン」の実行方法についてはこちら

McAfeeエンドユーザー・ライセンスご利用に関する注意事項

McAfeeの製品(「本製品」)のライセンスに関する以下の注意事項をよくお読みください。本製品をインストール、使用
または“同意する”ボタンをクリックすることにより、お客様はこれらの規定を承諾し、契約の当事者になることに同意されたことに
なります。本注意事項の規定に同意されない場合は、“同意する”ボタンをクリックしないで下さい。

McAfeeエンドユーザー・ライセンスご利用に関する注意事項

お客様へ
McAfeeの製品(「本製品」)のライセンスに関する以下の注意事項をよくお読
みください。本製品をインストール、使用または“同意する”ボタンをクリックする
ことにより、お客様はこれらの規定を承諾し、契約の当事者になることに同意された
ことになります。本注意事項の規定に同意されない場合は、製品をインストール、使
用あるいは“同意する”ボタンをクリックしないで下さい。


■第1条 ライセンスの許諾

 所定のライセンス料金の支払い及び本注意事項記載の条件に従われることを前提と
 して、McAfeeは、お客様に対し、特定バージョンの本製品1部及び付属する
 文書(「付属文書」)を使用する非独占的で譲渡不能な権利を許諾します。本製品
 の使用権の許諾は、お客様が本注意事項の規定を遵守することが条件になります。
 お客様は、本製品1部を、一台のコンピュータ、ワークステーション、端末、ポケ
 ットベル、携帯電話その他電子機器(ただし本製品の仕様で対応が明記されている
 ものに限る)(「クライアント機器」)にインストールすることができます。本製
 品がスイート製品または複数製品のバンドルの形態になっている場合には、McA
 fee希望小売価格表または製品パッケージ上に記載されるそれら製品に固有の制
 約や使用条件を前提として、本注意事項が全ての本製品に適用されます。

a.「使用」 本製品は、本条において許諾されている場合を除き、一台を超えるク
   ライアント機器、または2ユーザ以上により同時に使用されてはなりません。
   本製品がクライアント機器のメモリもしくは仮想メモリにロードされている場
   合、またはハードディスクや、その他の記憶装置に保存されている場合には、
   本製品を使用しているものとみなされます。お客様は、所有権に関する表示が
   元の状態のまま残されることを条件に、バックアップの目的でのみ本製品を一
   部複製することができます。

b.「サーバモード」 McAfee希望小売価格表、お客様へ交付し
   た「エンドユーザ・ライセンス使用許諾確認書」(「使用許諾確認書」)また
   は本製品の製品パッケージ上にそのような使用が記載されている場合に限り、
   お客様は、マルチユーザもしくはネットワーク環境(「サーバモード」)にお
   けるクライアント機器上で、またはサーバ上でもしくはサーバとして本製品を
   使用することができます。クライアント機器または「シート」が同時に本製品
   に接続もしくはアクセスまたは使用するか否かにかかわらず、サーバに(どの
   時点であれ)接続する可能性のあるクライアント機器は全てそれぞれ別にライ
   センスの対象となります。本製品に直接アクセスするクライアント機器やシー
   トの数を減らすソフトウエアやハードウェア(「マルチプレクシング」または
   「プーリング」などと称されることがある)を使用している場合であっても、
   必要とされるライセンスの数が減少することはありません(必要とされるライ
   センスの数は「マルチプレクシング」または「プーリング」等に入る数となり
   ます)。本製品へ接続する可能性のあるクライアント機器やシートの数が、お
   客様に正当に許諾されているライセンス数を凌駕しうる場合は、お客様はかか
   るライセンス数の範囲内に接続数が納まるよう客観的に妥当な手段をとるもの
   とします。お客様は、付属文書をライセンスの対象となっているクライアント
   機器やシート向けに各一部複製することができます(ただし所有権に関する表
   示は元の状態のまま残されるものとします)。

c.「ボリュームライセンス」ボリュームライセンスが許諾される旨(複数ノード
   数の指定等による)が本製品の請求書、使用許諾確認書または製品パッケージ
   に指定されている場合、お客様は、許されたライセンス数を限度として、本製
   品を複製、使用しインストールすることができます。お客様は、本製品がイン
   ストールされるクライアント機器の数が正当に許諾されているライセンス数を
   凌駕することのないように客観的に妥当な手段をとるものとします。お客様は、
   付属文書をライセンスの対象となっているクライアント機器やシート向けに各
   一部複製することができます(ただし所有権に関する表示は元の状態のまま残
   されるものとします)。

■第2条 使用許諾の有効期間

 本注意事項及び本製品は、本製品の製品パッケージ上または使用許諾確認書に記載
 される使用許諾期間において有効です。ただし、McAfeeは、お客様が本注意
 事項のいずれかの規定又は条件に違反した場合、本注意事項を終了することができ
 ます。
 また、お客様は、本製品を本製品のすべてのコピーとともに処分することで、いつ
 でも本注意事項を終了させることができます(ただしライセンス料金は返還されま
 せん)本注意事項の期間満了時又は終了時には、お客様は、本製品をハードウェア
 からアンインストールするとともに本製品及び付属物のすべてのコピーを廃棄する
 ものとします。

■第3条 著作権等

 本製品は米国及び日本の著作権法並びに国際条約の規定により保護されています。
 本製品に帰属する知的財産権及びトレードシークレットは全て、ネットワークアソ
 シエイツ・インク、McAfee又はその供給業者に帰属します。お客様は、本製
 品の知的財産権に関する権利がお客様に譲渡されるものではないことを了承します。
 お客様はさらに、本注意事項に明示的に規定されていない限り、本製品のいかなる
 権利もお客様が取得するものではないことを了承します。お客様は、本製品及び付
 属文書の全ての複製物に、本製品に表示されるものと同じ財産権が表示されること
 に同意します。

■第4条 禁止事項等

 お客様は、次のことを行うことはできません; (a)本製品の貸与、リース、レンタ
 ル再許諾、再販売, (b) タイムシェアリングシステム、サービス事業等による本製
 品の使用又はその機能の第三者への供与(ただしそのような使用が該当する希望小
 売価格表または本製品の製品パッケージ上に指定されている場合を除く)、(c) 本
 注意事項により許諾された権利の譲渡、(d)本製品のリバースエンジニアリング、
 逆コンパイルまたは逆アセンブル (ただし適用ある法令によりかかる制限が明示
 的に禁止されている場合を除く)、(e) 全体、部分的を問わず本製品の修正または
 二次的著作物の作成、(f) 本注意事項第1条に明示されている場合を除く本製品ま
 たは付属文書の複製、(g)本製品の知的財産権表示や商標の削除。McAfeeは、
 本注意事項で明示的に許諾した権利を除き全ての権利につき留保します。また、M
 cAfeeは書面により事前に通知することを前提に、本契約条件の遵守を確認す
 るために、お客様に対し定期的に監査を行う権利を留保します。また、本製品が、
 ソフトウェア製品の旧バージョンのアップデート又はアップグレード版である場合
 には、本製品の現バージョン又は旧バージョンのいずれか一方を使用する事ができ、
 両バージョンを同時に使用することはできません。

■第5条 結果損害に対する責任の不存在

 McAfee又はその供給業者は、いかなる場合でも、ビジネス機会の喪失、信用
 の損失、業務の中断、コンピュータの誤動作、機能障害を含むいかなる種類の結果
 的、特別的、派生的又は間接的な損害について、契約責任、不法行為責任その他い
 かなる法的責任をも負うものではありません。たとえMcAfeeがこのような損
 害の可能性について示唆されていた場合であっても、請求に対するMcAfeeの
 責任は、いかなる場合でも、本サービスのご提供金額を超えることはありません。
 本条記載の責任の不存在は、死亡または人身障害への責任へは適用ある法令がその
 ような制限を明確に禁じている場合には適用されません。

■第6条 輸出規制

 本製品のダウンロード、輸出及び再輸出は、米国及び/または日本の適用ある全ての
 法律及び輸出規制に従うものとします。本製品、付属文書、付随する情報及び技術
 情報は、いかなる場合も、キューバ、イラン、イラク、リビア、北朝鮮、シリア、
 スーダンを含むアメリカ合衆国政府の定める禁輸国又はその居住者、米国財務省の
 定める特別指定者或いは米国商務省の「DenialOrders」リスト記載の者に対し、ダ
 ウンロード、転送、輸出及び再輸出されてはなりません。本製品のダウンロードま
 たは使用によりお客様は上述の規定に同意されているものとみなされます。またお
 客様は、自らが上述の国の居住者、その制御下にある者、もしくはその国民、また
 は上述のリストの指定者のいずれにも該当しないことをMcAfeeに対し保証す
 るものとします。更に、本製品の輸出及び再輸出に関し、特定の製品及び技術デー
 タの輸出及び再輸出を規制する米国商務省輸出管理局のその時点で有効な規制に従
 わなければならない場合があります。かかる規制下にある場合は、米国政府の輸出
 (再輸出)ライセンス或いは輸出(再輸出)許可を得ることなく、或いはその他の
 規制に違反して、本製品を部分的であれ直接間接を問わず輸出及び再輸出してはな
 りません。暗号技術の使用に関しては、国により、たとえ短期の個人的又は商用使
 用であれ、その輸出入を規制している場合があります。なお、上記法令を遵守した
 としても特定の国々の法令と矛盾する場合があります。全てを網羅するものではあ
 りませんが、ベルギー、中華人民共和国(香港を含む)、フランス、インド、イン
 ドネシア、イスラエル、ロシア、サウジアラビア、シンガポール及び韓国は暗号技
 術の輸出入を制限しています。お客様は全ての輸出関連及び適用ある法令を遵守す
 ることがお客様の最終的義務であることを認識するものとし、McAfeeは販売
 を行った国においてお客様に最初に販売した後の責任を一切負うものではありませ
 ん。

■第7条 ハイリスク活動

 本製品は障害に対する耐性のあるものでなく、核施設、航空機の運航若しくは通信
 システム、航空管制、直接的生命維持装置、又は武装システムのオンライン制御等、
 本製品の機能停止により死亡、傷害、又は身体への若しくは環境への深刻な損害が
 直接的に導かれ得る活動(「ハイリスク活動」)に使用又は再販されるものとして
 設計、製造又は企図されたものではありません。McAfeeは、ハイリスク活動
 への適合性についての明示的又は黙示的な保証を明確に否定します。

■第8条 その他の条件

 本注意事項は日本の法律に準拠します。国際物品売買契約に関する国連条約は、適
 用されません。本注意事項はお客様及びMcAfeeとの間の完全なる契約であり、
 本注意事項の主題に関して書面又は口頭を問わず、これまでのあらゆる合意又は了
 解に優先するものです。本注意事項はMcAfeeを代表する権限のある者により
 書面により確認された場合を除きその条件が修正されることはありません。本注意
 事項のいずれかの規定が無効になった場合でも、お客様はこの無効が本注意事項の
 残りの部分の有効性に影響しないことに合意します。McAfeeはお客様が本製
 品のご使用者であること、そのインプリメンテーション、McAfeeによるご提
 案やサービス等につき、言及、カスタマ事例での紹介、プレスリリース等を希望さ
 せて頂く場合がありますが、これはお客様の機密情報の開示を義務付けるものでは
 なく、またそのように解釈されてはなりません。

  •