MCNモバイル契約約款の一部変更について

2019.07.08

平素はMCN宮崎ケーブルテレビをご利用いただきまして、誠に有難うございます。
2019年7月より「MCNモバイル契約約款」の一部を変更いたしますので、下記のとおりご案内いたします。
詳細につきましては、「MCN加入契約約款・規約」をご覧いただきますようお願い申し上げます。  

                      
                        記

1.主な変更点(追記)  
 第36条(サイバー攻撃への対処)
  当社は、当社又は契約者の電気通信設備に対するサイバー攻撃への対処を行うため、次に掲げる事項の
  全部又は一部を実施することができるものとします。ただし、かかる措置の実施が法令上許容される場
  合に限ります。
  (1) 国立研究開発法人情報通信研究機構法(平成11年法律第162号)に基づき国立研究開発情報通信研究
    機構が行う特定アクセス行為に係る電気通信の送信先の電気通信設備に関して、同機構が行う、送信
    型対電気通信設備サイバー攻撃(情報通信ネットワーク又は電磁的方式で作られた記録に係る記録媒
    体を通じた電子計算機に対する攻撃のうち、送信先の電気通信設備の機能に障害を与える電気通信の
    送信により行われるサイバー攻撃をいいます。以下本条において同じとします。)のおそれへの対処
    を求める通知に基づき、当該送信型対電気通信設備サイバー攻撃により当社の電気通信役務の提供に
    支障が生ずるおそれがある場合に、必要な限度で、当該特定アクセス行為に係る電気通信の送信先の
    電気通信設備のIPアドレス及びタイムスタンプから、当該電気通信設備を接続する契約者を確認し、
    注意喚起を行うこと。
  (2) 契約者が、C&Cサーバ等のサイバー攻撃に用いられるサーバと通信することを遮断するために、DNS
    サーバへの名前解決要求の際のクエリログその他関連する通信記録を自動的に検知すること。なお、
    契約者は、MCNモバイル利用している間いつでも、契約者の選択により、かかる検知及び遮断が行わ
    れない設定に変更できるものとします。

 第37条(定めなき事項)
  この約款に定めなき事項が生じた場合、当社と契約者は契約の趣旨に従い、誠意を持って協議‣解決に努
  めるものとします。
   

2.運用開始時期  2019年7月     

                                               以上