第35回MCN宮崎ケーブルテレビ放送番組審議会

2013.11.02

番組審議会は、放送番組の適性を図るため、放送法に基づいて設置されています。
MCN宮崎ケーブルテレビの放送番組審議会は、下記の10人の方を委員として
委嘱しており、放送番組についての審議を依頼しています。

平成25年度 番組審議委員
  <会長>
  笹山 竹義  氏 
  <副会長>
  中村 禎子  氏
  <委員>
  猪股 和憲 氏
  倉掛 正志  氏
  高橋 直見  氏
  初鹿野 聡  氏
  日髙 光宣  氏
  福永 真紀子 氏
  三好 正二  氏
横山 通夫 氏
  ※副会長以下は五十音順表記

 
第35回放送番組審議会

1.開催日
平成25年10月16日(水)

2.開催場所
宮崎ケーブルテレビ 4階 コミュニティホール

3.議題
自主制作番組 お茶の間情報局「てげテレ」について
その他の自主制作番組(単体番組・特別番組)、他局制作番組について 

4.議事の概要
<お茶の間情報局「てげテレ」について>
  *「みんなあつまれ」や子ども新聞との企画は、楽しみにしている人が多い。
  *「みんなあつまれ」は自己紹介だけでなく、
   子どもから親に対する意見・大人への注目を聞き出すのはどうか。
  * ターゲット以外にも色んな年齢の方が見ているので、 どんな世代でも見やすい番組作りをしてほしい。
   内輪話を短くし、行政情報や災害情報をもっと盛り込むのはどうか。
  *「お年寄り」中心の曜日があっても良い。その他、お得なデイケア情報など
   介護系の情報を提供してほしい。
  * MC陣が賑やかなのはいいが、肝心なところで情報を阻害してしまうのはもったいない。
  *「視聴者参加型」を意識し、文化系の高校生や大学生に企画・プロデュースしてもらったり、視聴者からの映像投稿があっても良い。
   
<その他の自主制作番組(単体番組・特別番組)、他局制作番組について>
  * ニュース番組など報道番組を制作してはどうか?
  *「みやざきの肖像」や「ふるさとに舞う~宮崎の伝承芸能~」は財産になる番組。
   学校などで教材として提供してはどうか。
  *「ふるさとに舞う~宮崎の伝承芸能~」は、歌詞の意味が表示されるなど、
   工夫があり受け取りやすい。   
  *「つづくとしろうの見える密会ラヂオ」は、大人の意見としてしつけにも使える。
   上から目線ではなく、日常生活の話から投げかけられるので良い。
  
  などの意見が出されました。

  以上