おいしい話 2013年8月8放送

2013.08.08

~チーズソムリエ 小川さんのおいしい話~

08081.jpg

【テーマ】

スパイシー&スタミナ満点チーズ

そのチーズとは・・・

08082.jpg

牛のお乳から作られていて、
黒コショウとニンニクを効かせた白カビタイプの
ドーム型のチーズ

08083.jpg

若いうちは、ギュッと引き締まり、ミルクのような味わいが感じられ、
熟成するに連れトロッとなってきます。
更に熟成が進むと、パルミジャーノの様に
粉におろせるほど固くなります

スパイシーな赤ワインやビールと合わせるのがおススメ。

地元では、表皮に黒いカビが生えるほど熟成させたものも
好まれています。

因みに、食べごろと言われるのが、
中身がトロッとなってくる頃。

そのタイミングでゆでたジャガイモをあわせて食べるのが
地域の郷土料理の一つとされています。

今日の試食は、その郷土料理をアレンジしたこちら。

08084.jpg

作り方

08085.jpg

08086.jpg

08087.jpg


08088.jpg

ガプロンは食べるだけではなく、
財力の証や魔除けとしても使われていたんです

もともとガプロンの生産地は、
恵まれた自然環境とは言えなかったこともあり
あまり裕福な土地柄ではなく、牛や羊、山羊などの家畜を
飼育しチーズを作れる農家が裕福の目安とされていました。

チーズの生産量が多いお家がいい嫁ぎ先ともされ、
こぞって軒下にガプロンを吊るしていたといわれています。   

また、ニンニクといえば、魔除けということで
古くから「魔除け」ともされていたそうです

更に、ガプロンの別名は「姑のおっぱい」
姿形が「姑のおっぱい」の形に似てるからと言われてます。

もともとこのチーズは、バターを作った後に残る
バターミルク(脱脂乳)から作られるチーズです。

赤ちゃんに飲ませるミルクもままならないような環境で、
母からの母乳こそ大事とされ、人から人へ、動物もしかり。

苦しい時代に様々な思いが込められて作られたチーズなんです。

【小川さんのお店情報】

~ワイン&チーズダイニング Ogawa~
住所:宮崎市橘通西3-2-7 アサヒビル 1F
電話:0985-60-7239
営業時間:午後1時~翌1時まで(LO 0時30分)
店休日: 不定休