映画館へ行こう! 2013年12月11日放送

2013.12.11

タイトル

「大統領の料理人」

プロローグ

ある日、フランスの田舎で
こじんまりとしたレストランを経営する、オルタンスのもとに
フランス政府の公用車がやって来ます。

彼女が連れていかれたのは、パリ中心部にある
エリゼ宮殿と呼ばれる、大統領官邸でした。

農家のストーブの前から、宮殿に招かれたオルタンシアの姿は
まるで“シンデレラ”のようでした。

招かれた理由は、フランソワ・ミッテラン大統領からの
直々の指名でプライベートシェフに任命されたというもの。

しかし、官邸は独特の礼儀や規律の世界。

厨房も“料理を美味しく作る”ことを二の次にした
細かい約束事で、縛られていました。

これまで、女性料理人がいなかった男社会の厨房では
オルタンスは完全に“招かれざる客”状態。

それでもオルタンスは、料理のこと以外は目もくれず
彼らの嫉妬などに構わず、美味しい料理をつくることに
真摯に、豪快に、突き進んでいきます。

やがて、彼女に超えをかけてきたミッテラン大統領の口から
意外な話が飛び出すのです。